福島理容 4-8x ドルフィンズ

ドルフィンズは初回、先頭の加藤が出塁して先制のホームを踏む。
二回には打者11人で6点を挙げて試合の大勢を決めた。

福島理容は二回と三回に1点ずつを返し、最終回となった6回にも2点を挙げて追い上げるが、4-8で敗戦となった。


M.I.P
福島理容:菅野和則
ドルフィンズ:加藤大貴

2019年08月12日(月)

ベーブルーズ 13-3 福島理容

ベーブルーズは初回から福島理容の先発・本田投手を攻め、5点を先制する。
二回にも2点を加えると、三回以降も毎回得点。
13点を挙げる。

福島理容は二回裏に制球が定まらなかった相手投手を前に粘って2点を返すが、三回以降は決定だが出ず、三得点で試合終了

ベーブルーズが前節の雪辱を晴らした。


M.I.P.
福島理容:白坂欽充

2019年08月10日(土)

ドルフィンズ 10-1 ベーブルーズ

ドルフィンズは初回、敵失とヒット4本で4点を先取。
三回には8番・本多のライトオーバーの本塁打などで2点を加える。

ベーブルーズは4回裏、四球を足がかりに4番・安藤昇のタイムリーで1点を返す。

六回、ドルフィンズは死球で出た3番・渡辺裕を、兄の4番・渡辺正昭のスリーベースで返して1点を追加。
さらにワイルドピッチで1点を加え、5番鈴木の内野安打の後、6番紺野がレフト柵越えにツーランホームランを放ち、この回4点を加え、試合を決めた。

6回途中、ベーブルーズの棄権により、試合終了。

M.I.P.
ドルフィンズ:紺野修一

2019年08月03日(土)

ベーブルーズ 1-4 福島理容

1回裏、ベーブルーズは先頭の高橋のセンター前ヒットを足がかりに無死2,3塁のチャンスを作るが、3,4,5番が倒れて無得点。先制のチャンスを生かせず。

3回表、福島理容は一死から1番・大橋利がサード強襲ヒットで出塁すると続く2番・白坂はライト前に運んで1-3塁と、得点のチャンス。
白坂が盗塁して2-3塁から3番・大橋拓のショートゴロを本塁に送球するもセーフ(記録は野選)で、理容が先制点を挙げる。
大橋拓盗塁で再び2,3塁の好機を作ると、4番・中川はしぶとくセカンド後方へタイムリーを放ち、エラーも絡んでこの回3点目が入った。
さらに1点を追加して、合計4点で攻撃終了。

福島理容は先発・国分が4回を0点に抑え、5回は白坂がマウンドへ。

5回、ベーブルーズは制球が定まらない白坂を攻めるが、得点には至らず。

福島理容は6回から球和杯最年長の本田投手をマウンドへ。
本田投手は6,7回共にランナーを1人出したものの、後続を抑えてナイスセーブ。

福島理容が4-0でベーブルーズを下した。

ベーブルーズ・渡辺投手は3回だけ打ち込まれたものの、ナイスピッチング。

M.I.P.
ベーブルーズ 安藤龍矢
福島理容:国分俊宏

2019年07月27日(土)

ベーブルーズ 3-6 ドルフィンズ

ベーブルーズは2回、ドルフィンズの先発・宍戸を攻めて3点を先取する。
しかしドルフィンズはその裏、宍戸の三塁打などですぐに3点を返して試合を振り出しに戻す。

ドルフィンズは4回に1点を勝ち越すと、5回には2点を加えてベーブルーズを突き放し、開幕2連勝。

ベーブルーズは3回以降、ドルフィンズの2番手、本多から得点を奪えなかった。

M.I.P.
ベーブルーズ 阿部
ドルフィンズ 宍戸

2019年07月24日(水)

福島理容 1-15 ドルフィンズ

7月15日開幕戦は、初回から打撃好調のドルフィンズが、15-1で福島理容を下した。

2019年07月16日(火)

訃報

長年に渡り球和杯の事務局長を務められ、運営をしてくださいました、佐藤洋さんが、平成31年1月2日、ご逝去されました。
謹んでご冥福をお祈りいたしますとともに、生前のご尽力に深く感謝いたします。

なお、告別式等の予定はございません。
1月5日14時〜、福島市渡りの火葬場にて、荼毘に付されます。

2019年01月04日(金)

ベーブルーズ 0-1 ハセプロ

両軍のスコアボードには5回終了時点で0が10個並んだ。

ハセプロは1回~3回まで再三のチャンスを作り、毎回三塁までランナーを進めるも無得点。
一方のベーブルーズはハセプロの志賀・佐藤優の二人の投手の前に5回まで11三振を喫して互いに無得点。
4,5,6回の9つのアウトの内、8個を三振で取り、リズムの出た6回裏、ハセプロは一死一・三塁からレフトへの犠牲フライで待望の1点を先制する。
試合はそのまま7回も2三振を奪い、0-1でハセプロが勝利。

M.I.P.
ベーブルーズ:安藤昇児
ハセプロ:大森

2018年08月20日(月)

ベーブルーズ 1-9 ドルフィンズ

昨年の優勝、準優勝チームの対戦は、打線がつながったドルフィンズが9-1でベーブルーズを下して、首位をキープ。

M.I.P
ベーブルーズ:高橋 輝
ドルフィンズ:渡辺裕二

2018年08月17日(金)

ハセプロ 3-4 福島理容

接戦を制して福島理容が勝利。
シーソーゲーム 2-2の5回裏、福島理容は2点を追加し4-2と突き放す。
6回表に1点を返して3-4と追い上げたハセプロだったが、1点及ばず。

2018年08月05日(日)