ベーブルーズ 1-9 ドルフィンズ

昨年の優勝、準優勝チームの対戦は、打線がつながったドルフィンズが9-1でベーブルーズを下して、首位をキープ。

M.I.P
ベーブルーズ:高橋 輝
ドルフィンズ:渡辺裕二

2018年08月17日(金)

キュクロプス 0-7 ベーブルーズ

キュクロプスの棄権により、ベーブルーズの不戦勝となりました。

2018年08月03日(金)

ドルフィンズ 7-0 福大コスモス

福大コスモスの棄権により、ドルフィンズの不戦勝となりました。

2018年08月03日(金)

選手追加登録のお知らせ

選手の追加登録がありましたのでお知らせします。
本日連絡がありましたので,中2日おいた7/28(土)から出場可能です。
ご確認よろしくお願いします。

ドルフィンズ
1.渡辺拓真 18歳 背番号なし
2.渡辺大成 18歳 背番号なし

福島理容
1. 大槻 丈 35歳 背番号なし
2.長尾 智和 34歳 背番号なし

2018年07月25日(水)

福大コスモス 0-7 福島理容

コスモスの棄権により、福島理容の不戦勝となりました。

2018年07月23日(月)

ドルフィンズ 7-0 キュクロプス

キュクロプスの棄権により、ドルフィンズの不戦勝となりました。

2018年07月22日(日)

ドルフィンズ 17-3 福島理容

2018年07月16日(月)

キュクロプス 0-4 ハセプロ野球部

初回に4点を先制したハセプロがそのまま4-0で勝利。
球和杯への復帰戦を飾った。

キュクロプスの佐藤信は、二回~七回を0点に抑えただけに、初回の4点が惜しかった。
M.I.P.
キュクロプス:佐藤信治
ハセプロ野球部:二階堂裕也

2018年07月15日(日)

福大コスモス 2-18 ベーブルーズ

福大コスモスは初回、1番結城、2番横山の連打と3番・佐々木の四球で無死満塁からエラーと内野ゴロの間に2点を先制。
その裏、ベーブルーズも同じく無死満塁のチャンスを掴むと4番安藤が押し出し四球を選び、続く5番・竹内のタイムリーで2点を返し、試合を振り出しに戻す。

竹内は三回裏にも逆転のタイムリーを放って、ベーブルーズが3-2と1点を勝ち越す。

四回裏、ベーブルーズはこの回線等の8番・代打高橋輝が本塁打を放ったのを皮切りに、この回長短5本の安打と四死球で6点を追加し、試合の大勢を決めた。

五回にも2点を加え迎えた六回裏、ベーブルーズは打者11人で7点を追加。18-2で今季白星発進となった。

M.I.P.
コスモス:結城翔平
ベーブルーズ:井藤淳也

2018年07月14日(土)

福島理容 6-4 キュクロプス

第1節 8日 松川II

開幕カードは、初回からシーソーゲーム。

初回、先頭・白坂のツーベースを足掛かりに2点を先取した福島理容に対し、キュクロプスも先頭打者・大内のヒットから1点を返す。

1-3で迎えた二回裏、キュクロプスは投手強襲安打やラッキーな内野安打などで流れをつかむと、2点を返して3-3の同手に追いつく。
さらに三回には1点を追加して、4-3と逆転に成功した。

1点を追う福島理容は四回表、下位打線からチャンスを作り、2番・播磨が同点のタイムリー、さらに続く3番・大橋の内野ゴロの間に再逆転し、再びリードを奪った。

六回に1点を加えた福島理容が6-4で迎えた最終回、キュクロプスは無死一、二塁のチャンスを作る。
理容も懸命に守り、二死満塁と最終回の醍醐味あふれる局面を迎えるが、最後の打者はショートゴロに倒れ、4-6で福島理容が今季初戦を勝利で飾った。

福島理容の本田英男投手は77歳での勝利。
8月に開成山球場で行われる民報早起き野球の県大会では、連続参加の特別表彰を受賞します。

【二塁打】
白坂2、播磨(理) 加藤、柴田、大歳(キ)

【M.I.P.】
福島理容:白坂欽充選手
キュクロプス:大歳憲一選手

2018年07月09日(月)